大浦港

上蒲刈島,大浦港
北波止

 

駐車スペース:少ない
トイレ:なし
自動販売機:あり
常夜灯:あり
電線:あり
係留船:多い

 

「大浦港」は「上蒲刈島」北東部にある自然の入り江を利用した港で、湾の出口付近に北から2本、南から1本の波止が伸びています。2020年1月時点ではいずれの波止にもフェンス等は設置されておらず、釣りをすることができます。当サイトでは北の沖側の波止を「北波止」、南側の波止を「南波止」として紹介します。

 

 

北波止

上蒲刈島,大浦港
コーナーから先端方向

 

当サイトで紹介する「大浦港」の「北波止」は沖側にある緩やかなカーブをした「へ」の字型の波止のことです。波止は「南波止」に比べると短く、周辺に駐車スペースが少ないので比較的入釣者が少ないポイントです。そのため釣り荒れ感が少なく、短時間で釣果に恵まれることもあるので見逃せない釣り場です。付け根付近には民家が多いため、迷惑駐車やゴミのポイ捨ては厳禁で、昼夜を問わず騒がず、できるだけ静かに釣りをしましょう。波止は広いのですこし離れた場所に駐車し、折りたたみ自転車を使って入釣すると静かにラクに入釣できるのでオススメです。

 

「北波止」の波除けは高さも上の幅も標準的で、下の部分は広く足場は良いです。波除け上には電線のある常夜灯が設置されているので、仕掛けの投入・回収時は注意が必要です。波止は付け根付近は浅いものの、先端に向かって深くなっていき、先端付近は足下でも十分水深があります。波止の付け根から中間付近まで周囲には敷石が入っており、低潮位時は若干釣り難いですが、コーナーから先端は頭上の電線以外に特に障害物はないので釣りやすいです。波止の沖向きは比較的潮が緩いため、大潮など潮がよく動く時でもそれほど釣り難くはないと思います。特に港内向きは潮が緩いので、比較的潮がよく動く先端付近に釣り座を構えると良いでしょう。ただし船の往来には注意してください。

 

釣り場としては先端付近は水深があるためサビキ釣りでアジ、イワシ、サバ、ウキ釣りでカサゴ、サヨリ、スズキ、タチウオ、チヌ、メバル、投げ釣りでカレイ、キス、ベラ、エギングでイカが狙えます。

 

上蒲刈島,大浦港
付け根から先端向き

 

上蒲刈島,大浦港
同上から見た北の桟橋

 

上蒲刈島,大浦港
コーナーから先端方向

 

上蒲刈島,大浦港
先端から付け根向き

 

 

南波止

上蒲刈島,大浦港
コーナーから先端方向

 

「北波止」の向かい側にある「へ」の字型をした「大浦港」の「南波止」は昔から情報誌で紹介され、釣果報告も多いため、現在でも人気のある釣り場です。

 

「南波止」は「北波止」に比べると2倍ほどの長さがあり、多人数での竿出しも可能ですが、周辺に駐車スペースは少なく、付け根付近には民家も多いため、ゴミのポイ捨てや迷惑駐車は厳禁です。今のところフェンス等は設置されていませんでしたが、今後釣り人と港湾関係者とのトラブルにより、釣り禁止になる可能性が高い釣り場なので、マナーはしっかり守りましょう。

 

波止の波除けは標準的な高さですが、上の幅はやや狭く感じました。波除け上には付け根から先端まで電線のある常夜灯が設置されており、夜間でも比較的明るい釣り場です。水深は付け根付近は敷石が入っているのでやや浅いですが、先端に向かってしだいに深くなっていき、先端付近は足下でも十分深さがあります。沖の潮はそれほど速く流れず、港内向きはかなり流れが緩いので、家族連れでも存分に釣りを楽しむことができるポイントです。先端付近で釣る場合は、多くはないですが船の往来に注意してください。

 

釣り場としてはサビキ釣りでアジやイワシ、サバを狙う釣り人が多く、ウキ釣りではカサゴ、サヨリ、スズキ、タチウオ、チヌ、メバル、投げ釣りでカレイ、キス、ベラ、エギングでイカも狙えます。情報誌では特にタチウオが有望で、メーター級の実績ポイントとして紹介されています。

 

上蒲刈島,大浦港
付け根から先端向き

 

上蒲刈島,大浦港
同上から見た東護岸

 

上蒲刈島,大浦港
先端部

 

上蒲刈島,大浦港
先端から付け根方向

 

空撮 新・ひろしま・瀬戸内の海釣り

 

 

大浦港
↓地図ポイントマークが「北波止」、右下から中央に伸びるのが「南波止」

広島県呉市蒲刈町大浦

 

前の釣り場-田戸港

 

次の釣り場-県民の浜周辺

 


新版 空撮 波止ガイド 広島・山口東部版