丸谷港

下蒲刈島,天神鼻
南波止付け根から見た「北波止」と「安芸灘大橋」

 

駐車スペース:少ない
トイレ:なし
自動販売機:あり
常夜灯:北波止はあり
電線:北波止はあり
係留船:少ない

 

 

「丸谷港」は「安芸灘大橋」の東にある「天神鼻」のすぐ南に位置する比較的大きな港です。「安芸灘大橋」から近いためアクセスしやすく、これまで何度も情報誌で紹介されてきたので入釣者の多い人気釣り場です。港には「天神鼻」から南に伸びる「北波止」、港内奥の「内波止」、南から北へ伸びる「南波止」があり、2020年1月時点ではいずれもフェンス等は設置されておらず、釣りをすることができます。周辺は港湾関係者や車両の出入りが多く、今後釣り人のマナー低下によりフェンス等が設置される可能性が高いので、ゴミのポイ捨てや迷惑駐車は絶対にしないようにしてください。

 

当サイトでは

 

北波止
南波止

 

を紹介します。

 

 

北波止

下蒲刈島,天神鼻
北波止

 

「天神鼻」から南に伸びる「北波止」は長く、港内奥の駐車スペースから波止先端まで歩くと10分はかかるので、荷物はコンパクトにまとめるか、キャリーカートを用いて入釣するのがオススメです。

 

波止には付け根から先端手前まで電線のある常夜灯が設置されているため、仕掛けの投入・回収時は注意が必要です。波止の波除けはやや高く、上の幅はやや狭いです。波除けの下側は幅が広いので、下側から竿出しすると良いでしょう。

 

波止には付け根付近に敷石が多く入っていますが、その先は特に障害物もないため釣りやすいです。波止付け根付近は浅いですが先端に向けて深くなっていき、先端付近では足下でもかなり水深があります。波止下がスリット状になっており、先端付近や沖向きはかなり速く複雑な潮が流れるので、小潮や潮止まり前後で釣るのが良いでしょう。それでも釣り難い場合は、比較的潮が緩い港内向きを狙いましょう。水深があるので遠投の必要はなく、家族連れでも釣りやすいと思いますが、船の往来には十分注意してください。

 

狙える魚種は豊富でサビキ釣りでアジ、イワシ、ウキ釣りでカサゴ、サヨリ、スズキ、タチウオ、チヌ、メバル、投げ釣りでアイナメ、カレイ、キス、ベラ、マダイ、エギングでイカ…など数多くの釣果が報告されています。他にもコブダイや青物も釣れているので、仕掛けはすこし太めにしておくのがオススメです。

 

 

下蒲刈島,天神鼻
付け根から先端方向

 

下蒲刈島,天神鼻
付け根付近から見た「安芸灘大橋」

 

下蒲刈島,天神鼻
先端から見た北波止付け根と「安芸灘大橋」

 

下蒲刈島,天神鼻
港内奥から見た「北波止」

 

 

南波止

下蒲刈島,天神鼻
コーナーから見た「安芸灘大橋」

 

「丸谷港」の「南波止」も長く、足場が良いため多くの釣り人が訪れる人気釣り場です。波止の付け根付近にある港湾関係者や近隣住民用の駐車場には絶対に車を停めないようにしましょう。

 

南波止は幅が広く、波除けはそれほど高くないので足場は非常に良い釣り場です。常夜灯が設置されていないため、頭上を気にすることなく竿を振ることができますが、夜間は暗闇に包まれるためヘッドライト等が必要です。「南波止」は付け根からコーナー手前付近の足下がスリット状になっています。波止の付け根付近は浅いですが、コーナーから先端にかけてや沖向きは水深があるので遠投の必要はありません。沖向きは「北波止」と同じく速く複雑な潮が流れるため、小潮や潮止まり前後が釣りやすいポイントです。それでも釣り難いと感じる場合は、「北波止」と同じく、若干潮が緩む港内向きを釣りましょう。狙える魚種は「北波止」とほぼ同じなので省略します。

 

「丸谷港」では港内岸壁や港内の「内波止」からも釣りをすることができますが、日中は港湾関係者の作業や出入りが多いため、釣りは控えましょう。

 

 

下蒲刈島,天神鼻
付け根から先端方向

 

下蒲刈島,天神鼻
同上から見た港内岸壁

 

下蒲刈島,天神鼻
先端から付け根方向

 

 

新版 空撮 波止ガイド 広島・山口東部版

 

丸谷港

広島県呉市下蒲刈町下島

 

前の釣り場-大竹港東岸壁と港公園と西の波止

 

次の釣り場-蒲刈大橋周辺